代表挨拶

代表挨拶

MASAKI SPORTS ACADEMY(株式会社MSA GLOBAL MANAGEMENT代表取締役)の平川正城です。
現代の子供達は木登りやアスレチックや遊具のある公園の撤去や放課後のボール遊び禁止などにより『外で遊ぶ』という数が減ってきました。
その理由としては大けがに繋がる可能性のあるものを無くしていくなどの安全面を考慮するものだとも言われていますが原因は様々。またその反面、ゲーム機やスマートフォンの発達によりお家や外でも友達とグループでゲームやアプリでコミュニケーションを取る光景を目の当たりすることが増えてきました。
もちろん良いことばかりではありません。

世の中が便利になってく事や大人が子供の遊ぶ環境を規制していくことで、その代償は現代の子供達に影響を及ぼします。
現に最近の子供達は運動能力コミュニケーション能力の低下なども社会問題になっています。
しかし、私はスポーツを通じてこの問題は解決出来ると考えています。
私自身もサッカーのJリーグクラブにお世話になった経験があり多くのプロフェッショナルを見てきました。また指導者になってからはスポーツの垣根を越え日本や国外の様々な競技のプロフェッショナルの指導者ともお仕事をさせていただきました。
スポーツ選手には何が必要で何をしなくてはならないのかを知りました。

また、2011年の東日本大震災。多くの命が失われました。中にはスポーツの未来を担う多くの子ども達もいました。
『生きること』、『スポーツが出来ること』
これは当たり前の様で決して当たり前ではない。
私自身も過去に被災地でサッカークリニックなどをやらせていただきましたが、スポーツをする子ども達の目は輝いていました。
スポーツにはものすごいパワーがあります。

だからこそ自分にしか伝えられない事があると思っています。
多くの意見や自らの体験をこれからの未来あるスポーツ少年少女への力になりたい。その気持ちからに形となったのがこの株式会社MSA GLOBAL MANAGEMENTが運営を行います『MASAKI SPORTS ACADEMY』です。
子供達が失いかけているひとりひとりの『身体』の可能性、どの競技でもスポーツを行う上でベースとなる『身体』の能力。
そしてスポーツにチャレンジする楽しさや喜び。
今一度、スポーツを行う前の「原点」へ一緒に戻ってみましょう。

子供達が夢として追い求める『スポーツ選手』への道は、意外にも近い所から変えれるかもしれません。

SPONSOR スポンサー

MORE

Translate »